一般財団法人阪神高速先進技術研究所

研究所について

阪神高速先進技術研究所は、1973年に設立されて以来40年以上にわたり、阪神高速道路を中心とする都市高速道路などの建設、管理に関する調査研究を行ってきた阪神高速道路技術センターの名称を変更して、2020年7月に再出発いたしました。
技術センターはその時々の要請にこたえ、長年にわたり培った豊富な経験を活かし、関西を中心とした学識経験者や専門技術者の技術力を結集して課題解決を図り、シンクタンクとしての役割を果たしてきました。
特に近年は、大きな社会問題となってきた道路構造物の老朽化に関して、単にその修繕対策にとどまらず、構造物の耐久性や健全度評価、あるいはアセットマネジメントの分野にまで研究領域を拡大し、深刻化する道路構造物の長寿命化対策を総合的見地から取り組んできました。
また、関西の悲願であった阪神高速道路湾岸西伸部や淀川左岸線延伸部の建設も始まり、21世紀にふさわしい新たな都市高速道路に必要な最先端の技術開発なども手掛けてきています。

一方で、昨今の情報技術の発展は目覚ましいものがあり、インターネットの普及を背景に、国においても、科学技術イノベーションの中核として、Society5.0の実現を目指すとされています。これはサイバー空間とフィジカル(物理)空間を高度に融合させることであり、関係官庁、産業界、学術会が一体となって進めるとされているところです。
阪神高速グループにおいても、今後予想される人的資源確保の困難さや交通量の減少に伴う管理コストの削減、働き方改革の推進といった課題に対処するためには、このような高度な先進的な情報技術の活用が不可欠であり、自ら研究体制を構築して将来に備える必要が生じています。

そこでこの度、中長期的な研究テーマや新たな情報通信技術の活用など先進技術の研究開発にもチャレンジし、関西を中心とする都市高速道路事業へ一層貢献するため、体制を強化するとともに、その決意を込め、法人名を「一般財団法人 阪神高速先進技術研究所」に変更いたしました。

この法人名変更を機に役職員一同、「創造的先進技術への挑戦」という、技術センター時代より変わらぬ経営理念を掲げ、大いなる希望をもってさらなる努力をしていく所存でございます。今後とも何卒倍旧のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

一般財団法人 阪神高速先進技術研究所
理事長 西岡 敬治